お知らせイメージ

お知らせ

2022.09.06

本研究室の元博士研究員Dawoon Jungさんが筆頭著者の論文が掲載されました。

海洋性カイメンから複数の新規培養手法(連続集積培養、in situ培養)を用いて未培養微生物を分離培養したという論文です。新規手法で得られた分離株(未培養微生物)が「なぜ従来法では培養困難であったか」という理由を明らかにし、そこから未培養微生物を可培養化するための鍵を見出しました。2021年にFrontiers in Microbiology誌に掲載された論文(Jung et al., Front Microbiol., 12:537194) の続きに相当する内容です。

Cultivation of previously uncultured sponge-associated bacteria using advanced cultivation techniques: A perspective on possible key mechanisms

SNSでシェアする